信州の木のある暮らし

県土のおよそ8割を森林が占める長野県。林業家によって育てられた森林資源は着実に充実し、本格的な利用期を迎えています。しかし、輸入材の増加に伴い、地域で育った木を使う魅力が失われつつあるのも事実。美しい地域の自然を守り、サスティナブルな暮らしをめざすため、今こそ地域で育った木を使用する時かもしれません。そこで、信州に根付く伝統木造民家の調査・研究をしている信州大学学術研究院工学系准教授・梅干野成央(ほやのしげお)先生に、信州の木の魅力をうかがいました。

地域によって異なる木の使い方

スギやヒノキ、マツ、カラマツなどの針葉樹と、ケヤキやクリ、ナラ、ブナなどの広葉樹。樹種によって木目や硬さなどの材質は異なりますが、一般に、針葉樹は加工性に優れていて、長くまっすぐな材を取りやすいという特徴があります。一方、広葉樹は硬くて強く耐性があります。こうした特性をいかした木の使い方は地域によって異なり、調べてみると民家の建設において、計画的に木が使い分けられてきたことがわかります。
ここ数年、北アルプス山麓に位置する千国街道沿いの地域にのこる民家の調査を行っています。このうち大町市から小谷村にかけての大北地域では、建材に広葉樹を多く用いた農家を見ることができます。とくに小谷村の農家における広葉樹の使い方は象徴的で、主要な構造を担う柱に大柱(おおばしら)と呼ばれる骨太な広葉樹(ケヤキ)が用いられています。その背景には、まず、この地域で良材のケヤキが生産されていたとともに、ケヤキが強い木であるという認識が人々のあいだに根付いていたことなどが挙げられます。

一方の針葉樹はというと、座敷などの接客空間に多く用いられています。これには様々な背景が考えられますが、その一つとして意匠との関係をあげることができます。針葉樹は白木のままでも木目が美しいため、素朴さを好む日本人の感性にあったのかもしれません。
地域は異なりますが、同じ特別豪雪地帯の飯山でも特徴的な木の使い方がみられます。飯山の農家では、主要な構造材にブナが多用されています。ブナは狂いやすいため、一般的に建材に向かないとされますので、建築関係者にとっては意外なことかもしれません。雪深い飯山ではそもそも育つ木が限定されるなか、そのなかでも強い木であるという認識のもとにブナが用いられたのでしょう。このように、地域で育った木は土地の気候に順応していることから建材として適材であり、古くから人はそれを家の適所に使ってきたことがわかります。

時代によっても変わる木の使い方

時代によっても木の使い方は異なります。先ほど紹介した小谷村の農家では、古い家になるほど雑木(ぞうき)と呼ばれる広葉樹が多用され、逆に新しい家(新しいといっても近代ですが)になると針葉樹が多用される、といわれています。これが物語るのは、かつては広葉樹の林である雑木林を管理していたものが、次第に生産性が重視されて、育ちが早く加工が容易なスギなどの針葉樹を植林するようになったという里山林の歴史です。
農家だけでなく、町家でも計画的に木を使い分けていたことがわかってきました。例えば、江戸末期に建てられた安曇野市の町家には、広葉樹が用いられておらず、基本的に針葉樹で構成されています。生活空間にはモミやカラマツが用いられ、座敷には木目がきれいな上等材の針葉樹のツガ(栂)が用いられています。一方、明治中期に建てられた大町市の町家は、基本的にヒノキで構成されており、土間付近に骨太なケヤキ、座敷にツガが用いられています。

これら地域と時代の異なる二つの町家に共通する点は、座敷にツガが用いられているということです。京都などでは、栂普請(とがぶしん/トガ=ツガ)という言葉があるように、ツガは上等材として好まれていますが、京都などの影響なのか、この場所で育まれた伝統なのか、いずれにしても地域と時代をこえた共通認識があったことがわかります。木の使い方にも、変わるものと変わらないものがあります。この蓄積こそ、これからの木の文化を構想するための基盤になるはずです。

信濃町の伝統的な木の使い方

では、こうした全般的な木の使い方をふまえつつ、信濃町の伝統的な木の使い方を見てみましょう。現在、信濃町の林にはスギやカラマツといった針葉樹が多く見られますが、民家にも同じ木が使われているのでしょうか。一茶郷土民俗資料館に移築されている農家(建設年:江戸後期(推定))と中村家住宅(建設年:江戸末期あるいは明治前期(推定))を調べてみました。これらの民家が建設された当初の間取りを復原しつつ、現存する当初の柱の樹種を広葉樹・針葉樹の別に示したものが下記図になります。

民家の間取りは地域によって異なりますが、信濃町では、入口に広い土間を配し、ここにウマヤを設けていました。信濃町の伝統産業の一つに鍛冶がありますが、鍛冶屋の場合、中村家住宅がそうであるように、この土間を鍛冶場としていました。この土間に面して生活の空間であるチャノマやカッテ、ネマを配し、その横に接客の空間であるザシキを配すというのが典型的な間取りでしょう。一茶郷土民俗資料館に移築されている農家は庄屋を勤めた家で、三間のザシキを配していることからも、村役人層の家ではザシキが発達した様子がわかります。
これらの民家が建設された当初の柱の樹種を広葉樹・針葉樹の別をみると、どうでしょう。間取りにあわせて、見事に木材が使い分けられていたことがわかります。生活の空間には広葉樹を用い、接客の空間には針葉樹を用いています。また、外周の柱には、主に針葉樹を用い、土間周りには広葉樹を混ぜています。とくに部屋境に広葉樹の太い柱を用いている様子は、この地域の木の使い方を象徴しており、豪雪地の民家としての印象を強く与えます。

「家」というインフラを地域でつくり、まもること

民家の屋根の材料も里山林から調達されていました。長野県では、北に茅葺きの屋根の民家が、南に板葺きの屋根の民家が多く見られます。屋根の材料の選択にも、もちろん自然の条件(積雪量など)や、材料を調達する里山林の植生などが総合的に影響していると考えることができます。単純に考えれば、木材が豊富な地域では板の屋根を採用し、そうでないところや茅が多く育つ地域では草の屋根を採用したことは明らかでしょう。小谷村には、現在も茅を調達するための草地(茅場)がのこっており、地域総出での維持の仕組みが伝えられています。
少し話は変わりますが、民家には古い建物の一部や部材がのこっていることがよくあります。安曇野市の民家を調べた時には驚きました。なんと、家の中に17世紀の中頃に建てられたと推定される、一回り小さな家がそのままのこっていたのです。この家は、古い建物をそのままのこしながら段階的に増改築を行い、ある時期に部材を継ぎ足して屋根をかけ直し、現在に至っていました。今でいうリフォームが何度も行われ、その結果としてこの家は数百年という時間を生きてきたことになります。

これらの事柄と関係し、民家に伝えられている家づくりの歴史を記録した古文書を読み解くと、かつての家づくりは、個人で行うものではなく、村全体の仕事だったことがわかります。つまりは、一種のインフラでもある「家」をどのようにつくり、まもっていくかが地域のなかで考えられてきたというわけです。その過程では、とくに、地域の人と人のつながりや、地域のなかで生産される限りあるものをいかに持続的に使い続けていくかが重視されてきました。こうした仕組みは、その大部分が失われてしまいましたが、私たちに豊かさを与えてくれる現代的な価値として参考にすることもできるでしょう。

信州の木を家づくりに使う魅力

長野県では、周囲の山に抱かれて民家などが建ち、それらが信州ならではの美しい風景を形づくっています。経済性を優先した開発などによってこうした風景が失われていくなか、かつての家づくりの仕組みをそのまま現代に用いることは難しさが伴いますが、身近にある信州の豊富な森林資源は、私たちに木を使うチャンスを与えてくれます。地域で育った木は、家づくりでも適材適所で使うことができ、さらに窓越しに見える地域の山の風景と自分の家の連続性とその間の物語を感じることができます。それは、暮らしの豊かさにつながります。

信濃町の森に入り、自宅の材を切り出す「フォレスタイルしなの」。
同じ樹種でも、品種や育った山の環境、育て方によって特性や表情はさまざまで、十人十色という言葉があるように、木も一本一本、地域ごとに多彩な魅力を見せてくれます。信濃町の森にも奥深い世界が広がっています。

PROFILE

梅干野 成央/ほやの しげお

信州大学学術研究院工学系准教授。2002年信州大学工学部卒業。2004年同大学院工学系研究科修了、2007年同総合工学系研究科修了。博士(工学)。2004年信州大学助手、2007年助教を経て、2014年より准教授。専門は日本建築史学。土地に根ざした建築の文化を未来へと伝えるために、建築の文化を歴史的に解明する研究を進めている。自宅は茅葺き屋根の古民家を改修したもの。